So-net無料ブログ作成

再びバイノーラル録音 (雀のお家) [バーチャルサウンド日記]

IC1.JPG バイノーラル録音用にICレコーダーを買いました。



 本格的な趣味にする気ではないので最安値でPCM録音が出来
 るものをチョイスしてみました。

 バックライト機能が無いのがやや不満ではありますが、この機能
 が9千円以下で手に入るので問題なし。

 あ、暗いトコで録音する時に ちと困るかも・・・




 MP3方式でも当然バイノーラル録音出来るのですが、参考サイ
 トで見たように再生時の臨場感を損なわない為にPCM(WAVE)
 で録ってから任意の圧縮率でMP3にエンコードする方式でブログ
 記事にアップしようと思います。


 この画像サイズがほぼ実機の大きさです。




PHONE.JPG    バイノーラル録音用マイク(画像は片方)


    前回のモノはセンサ部分に風が当たると雑音が入る
    のでセンサ部分までスポンジが覆いかぶさるように
    改良しました。




IC2.JPG    間違えないように対策

    録音マイクは赤カバー
    再生イヤホンは青カバー



 では、試しに録音します。

すずめちゃん.JPG
                        画像では何も伝わりませんが・・・

 ここからが、本日の本当の記事です。

 その前に
 ******************************************
 *
 この記事の音声はバイノーラル録音されております。
バイノーラル録音はイヤホンで聞く事に  
 *より、あたかもその場所に居るような立体的に聞こえる録音方法です。録音の性質上、パソコン 

 *のスピーカーで再生しても立体的には聞こえませんのでご注意下さい。                
 * 再生ボタンを押すとデータローディングが始まります。ロード時間はネット接続環境で異なります
 *音量には充分に注意して下さい。                                                                   
 まずはボリュームを小さくしてから徐々に上げる様にお願いします。                               
 * 「音が大きくて耳が痛くなった」という苦情は一切受けつけませんので 自己責任にてお聞き    
 *下さいませ。                                                   
  出来れば極力静かな所で高性能のイヤホン(カナルタイプ推奨)を使うと立体音響効果倍増です。   
 ******************************************

 環境を整えた上で下の再生ボタンをクリックして下さい。

                  




 上の画像の生垣の中にとんでもない数の雀がいます。
 彼らは臆病で人の気配を感じると口を噤んでしまうので、気配を消して録音しました。
 ある意味ストーカー?

 途中、背後(30m程向こう)で車が通ります。
 何気に色んな所で人の気配(話し声など)がしています。
 前後左右からだけでなくバイノーラル録音方式特有の「音の発生する位置の高さ」を体感してください。
 
 次回のバイノーラル記事はあの場所へGO!


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ノノ

わわっっ。
なんだこれ!

うちの頭のまわりで雀がピピピピって鳴いてて、
飛行機?車?の音が頭上を通りすぎていきました。
右側の奥から草刈り機のエンジン音みたいなのも聞こえるし。

ウィキを見ましたけど、耳にマイクを装着して録音してるんですか?
めっちゃ面白かったです!
by ノノ (2010-02-09 21:54) 

モクゾー

::ノノさん::

Wikiではダミーヘッドを使って録音するようにありますが、私はリアルヘッドを
使ってます。(自分の頭にマイク装着です)
仮にダミーヘッドを持っていたとして持ち歩いていたら「生首」のようで不気味
ですし・・・
マイクが本格機材ではなので前方定位の音源の特定が苦手です。
本当はスズメは左右というよりか画像のように目の前一帯にいます。
車は背後を通過しています。
確かに草刈り機は鳴っていますねぇ。
よーく聞くと電柱のトランスから「ブーン」という音がしているのが耳障りですね。
今後も面白い音源を捜してみようと思ってます。

by モクゾー (2010-02-09 22:55) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。