So-net無料ブログ作成
#9 [うらら] ブログトップ
前の10件 | -

ミニちゅあ作品「うらら」 制作後記. [#9 [うらら]]

 ミニちゅあ作品「うらら」を作るについては今までに語らなかった事があります。

 ・・・・・・・・・

 2年位前になるだろうか?
 ある日の夕方、いつものようにジョギングをしていた。
 家から遠い場所にある空き地の前を通りかかると10人くらいの子供達が騒いでいた。
 その中の一人が走っている私のところに駈け寄ってきて「スミマセン」と言った。
 話を聞けば 捨て犬がいるのでどうすれば良いのか?という事だった。
 見ると子供達が囲んでいる真ん中に小ぶりのダンボール箱が一つ置いてある。
 近寄ってその中を覗いてみると犬種は分からないが一匹の小型犬が居た。
 その犬は老犬で白内障を患っているのか真っ白な瞳で私を見上げて震えていた。
 目が合った時に その犬の感情が流れ込んで来たような気がした。
 「・・・」
 捨てられたのだ。
 飼い主は最後まで責任を果たす事無く全ての責任を放擲してこの犬を捨てた。
 言葉は悪いが この飼い主に殺意を覚えた。
 飼い主とこの犬には共有した今迄の時間で楽しい時もあったろう。
 しかし、老いて自分に必要以上に手間をかけるようになった瞬間に「家族」から「モノ」に変わったのだろう。
 要らないものは捨てる。生き物もゴミと一緒としか思っていない人間。
 こんな人間がペットを飼うという現実。
 腹が立つ。
 その時は携帯電話も持っていないし、居住地区も違うのでどうしようも無かった私は 子供達の中で一番
 年長の子供に「親に言って然るべき場所に連絡するように」と言うと「わかりました」と答えた。
 その時にどうしても釈然としない気分になり 取り敢えず走って一番近い動物病院に行って事情を説明した。
 その病院の先生は 若干 迷惑そうに見えたが話を聞いてくれた。
 次の日にどうしても気になって 空き地に行ってみたら ダンボール箱は無くなっていた。
 年長の子が一時引取って保健所に連絡したのか、動物病院の先生が対処してくれたのか 又は別の事が
 起こったのかは分からない。
 とにかく そこには老犬の姿は無かった。
 ひょっとすると 既に処分されていたのかもしれない。
 そうでなくても そう遠くない未来には確実にこの世にいなくなるだろう。
 やりきれない気持ちを抱えて2時間かけて四つ葉のクローバーを探し花を摘んでダンボールが置いてあった
 場所に置いた。
 この事は今でもハッキリと覚えている。
 あの犬の白い瞳は忘れられない。

 ・・・・・・・・

 運命というものがあるのなら この出会いがそうだったのかもしれない。
 ミニチュア制作の抽選に当たった方は逝ってしまったペットとの思い出を作品にして欲しいと希望された。
 この作品の当初は「作って余っていたスノーマンを使った簡単な作品」だった。
 愛して家族同然だったペットとの思い出を残したい。
 そういう思いに触れ作品の方向性は変わる。
 「贖罪」
 あの時に何ひとつも出来なかった私が何かをするのならば この機会に便乗するしかない。
 これがあの老犬にとっての弔いの意味があるとすれば私も一緒にこの作品に思いを込めたいと思った。
 モチベーションの低下、スランプ、体調の問題など色々あったが1年半かかって完成した。
 あの無責任極まる老犬の飼い主とは真反対の最後まで介護して送ってあげる事の出来る飼い主である
 高木さんの為に出来る事は全てやった。
 この作品は高木さんの為と言いながら その実 自分の為だったのかもしれない。
 黙っているのは申し訳無いので この記事で私の思いを明らかにしておきました。
 
 ・・・・・・
 最後に この間、高木さんから頂いたメールの一部です
 
 「うらら」が金曜日に到着して、それを待っていたようにアルダは日曜日の午前に
 逝ってしまいました。「お母さん、うららが届いたからもう寂しくないでしょう?」と
 思ったのかもしれません。
 私の希望だった「娘達との楽しい日々の思い出」をしっかり表現してくださいました。
 有難うございます。途中壁ににぶち当たりながらも、頑張ってくださいました。
 今、私の机の上に飾ってあります。子供達にはウン十年後に私が亡くなった時には
 お棺に入れて欲しいと伝えております。お許しいただけますか?
 平面の写真からよく立体を創り出してくださいました。エル、完璧ですよ♪
 アルダも桃も完璧よ♪エルが身を任せて寝ている姿は芸術と言っても過言ではございません。

    ・
    ・
    ・

 実はこの作品で作った高木さんの家族 シェパードの「エル」「アルダ」雀の「桃」も皆 この世には居なく
 なってしまいました。
 この作品が「アルダ」がまだ生きている間に到着したのがせめてもの救いでした。
 「うらら」を作る事で私と高木さんの思いが一つになれたのであれば費やした時間に価値があったと思います。
 もし天国があるのだとしたら 「エル」「アルダ」「桃」そして あの「老犬」が一緒に幸せにしていればいいなぁ・・・
 と思っているのです。
 私は決して褒められた人間ではありませんが 誰かの為になれたとしたら 生きた甲斐もあろうというものです。
 結婚してなく(するつもりもありませんが)子供もいない私にとっては この「うらら」は子供同様に生きた証となる
 のでしょう。



 高木さん
 >子供達にはウン十年後に私が亡くなった時にはお棺に入れて欲しいと伝えております。お許しいただけますか?

 「うらら」は既に私の手を離れて100%高木さんのモノです。
 どのように扱われても問題ありません。

 今思えば高木さんと知り合えたのも 何かの縁だったのでしょう。
 共有した時間はとても有意義でちょびっとの苦しさと沢山の楽しい時間でした。
 ありがとうございました。
 「うらら」を大事にしてやって下さい。
                            モクゾー

 ulala.jpg

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 作品完成編 最終回 [#9 [うらら]]

 画像は画像クリックにて拡大表示されます

 今回で作品紹介は最終回です。
 今までの作品の作業過程はコチラからどうぞ。

tree.JPG    今回のキーアイテム「木」

    背の低い潅木にしました
    100%手作りで、一枚一枚手貼りした葉など この作品の中で最
    も工作に時間が掛かった工作物でしょう



104.JPG    最も繊細な作業をやったテーブル上

    「ウチの親には小さすぎて見えん!」と言われました_| ̄|○
                                    ナハ!




105.JPG    ま、この大きさなので仕方ありませんですか・・・


    真ん中の「唐揚げサラダ」は依頼者さんの注文品です




106.JPG    で、


    一番のお勧めは「厚焼きの玉子焼き」
    ちゃんと層を作って巻いてます
    タコさんウィンナーの精度が低いのは目を瞑ってくだされい~



201.JPG202.JPG    造型に苦労した「エル」


    著しくスランプに陥って長期に
    渡って制作が中断しました
    スンマセンm(__)m


203.JPG     時間を掛けたので・・・


     その甲斐あって それらしい造型になりました

     個人的には本物らしいという点については この方向がベス
     トショットです

204.JPG    「アルダ」と「桃」

    アルダはもっと本物に近づける事が出来たのですが、それだと売って
    いる作り物と変わらなくなるので 敢えて木目を残したりしています

    又、シェパードには「目」を入れなかったのは依頼者さんが 「どのよう
    な表情も思い浮かべる事が出来るように」との思いで 目を入れてお
    りません
    頭上の「桃」はピントがボケてますね・・・


 今回をもちましてミニちゅあ作品「うらら」の制作記は終了です。
 何かの縁によって抽選に当たった高木さんと共に思い出を作る事が出来ました。
 正直、荷が重いと思われる難題もありましたが それをクリアする事で私の「作る技術」も向上しま
 した。
 様々な意味で成長の糧させて頂いた事を この場を借りましてお礼申し上げます。 

 次回、制作後記に続く。

オマケ


コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 完成 その2 [#9 [うらら]]

 ミニチュア作品 「うらら」 制作の解説です。

 画像は画像クリックにて拡大表示されます

001.JPG    タイトルプレート


    アクリル板使用で高級感を打ち出してみました
    初の試みです



002.JPG    ベース裏


    フェルト貼りで傷が入らないようにしています




003.JPG004.JPG   作品には植物を配置しています


   左の方なんて目を凝らしてみないと
   見えないかも
   右はピンクムスカリです


005.JPG006.JPG   こっちがメインの花

   ノーマルカラーのムスカリです

   10円玉と比較して頂ければ花の大
   きさが分かります


101.JPG    芝生


    この作品で一番再現度合いが高いのは この芝生だと思います

    ここだけ見ると本物みたい(自己満足)


102.JPG    何気に苦労したテーブルセット


    ちょっとした家具職人気分を味わった思い出




103.JPG    バスケット


    これも籐の網目を再現するのに苦労しましたなぁ・・・




 あぁ、懐かしい・・・

 次回、ミニちゅあ作品「うらら」完成編の最終回です。

 


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 完成 その1 [#9 [うらら]]

 ミニちゅあ作品 「うらら」完成致しました。

 思えば昨年の2月中旬からの制作だったので完成までに1年半もかかった事になります・・・。
 依頼者さんの高木さまにはご迷惑をお掛けいたしました。
 
 では、完成作品です。

 マウスオーバーで拡大表示されますので最大化してご覧下さい。

000.JPG    これが全景です

    高木さん夫妻・シェパードの「エル(母)」「アルダ(娘)」
    雀の「桃」

    がこのミニちゅあ作品の出演者です


 当初は この作品は私が過去に作って余ってしまったスノーマンの養子計画でしたが 色んな経過
 を経てスノーマンは一切居なくなっています。(^_^;)

                        04.JPG

 03.JPG   01.JPG   02.JPG

                     
 シチュエーションは「芝生の上で過ごすうららかな春の一日」です。
 様々な試行錯誤の上に完成までこぎつけました。

11.JPG    この作品は2組のストーリーで構成しています

    こちらは高木さん(本人)と「エル」
    「エルを腕枕している事」が絶対条件でした
    
    木陰でまったりとした時間が過ぎているように見えれば
    成功です


12.JPG    旦那さん・アルダ・桃 サイド

    アルダに骨をあげているのを桃が頭の上から眺めている
    という光景にしました

    「待て」をかけられて止まっている状態を桃が不思議がっ
    ているように見えれば成功です


 次回からは作品のピンポイントの解説をしたいと思います。
 ま、主に楽しかった苦労話ですが・・・。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 製作記 延長戦終了 [#9 [うらら]]

 さて、ゲスト出演の私「モクゾー」を作りました。

u1.JPGu2.JPG    丸い木から顔を彫ります


    私はオマケなので適当で
    ござんす


    段々と顔っぽくなりました


u3.JPG    爪は最高の工具である 「モクゾー談」


    便利だね  爪




u5.JPGu4.JPG


    こんな感じどぇす





u6.JPG










  タスケテー

  サラワレルー



  完成品は「完成編」にて




 依頼者さんの家に作品が無事に着いたら「うらら完成編」を記事にします。
 家に無事に着くまでが遠足です。(?)

コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品「うらら」製作記 延長戦突入! [#9 [うらら]]

 ミニちゅあ作品「うらら」は完成しましたが 出来上がった作品を見ていたらムラムラとして ある事をしたくなりました。
 依頼者さんに その旨を伝えると快諾して頂きましたので それをやって本当の完成にします。
 だって、1年以上も私の傍らにあったんだもん[揺れるハート](女子キャラで)
 感情移入もするってもんでしょう?
 ね!
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 製作記 完成 その1 [#9 [うらら]]

 画像クリックにて拡大表示されます

0.JPG     完成しました


     と言っても 依頼者さまに届くまでが「制作記」ですので まだお披露目
     は致しません



 この作品は私と高木さんのコラボ作品です。
 決して万人向けに作ったわけではありませんので作品は誰が見ても感動するものではないのかもしれま
 せん。
 私は人生は「思い出の積み重ね」だと思っています。
 「良い人生だった」と思えるのは悪い思い出より良い思い出の割合が勝った時だと個人的には思っていま
 す。
 高木さんにとってこの作品の制作工程や出来上がったものが人生において良い思い出になるのならそれ
 が私にとっても良い思い出なのです。
 誰かの良い思い出の一つになれるのなら 私の存在意義もあろうかと思うのです。

 今思えば この作品の最初よりも今の方が技術も数段上がっています。
 でも「その時」はそれが精一杯の私に出来る事だったのです。
 その時に出来る事を全て この作品にぶつけてきたので この作品は今の私の全てです。
 他の誰かにも この作品を通して何かを感じて頂ければ幸いです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 製作記 Vol.65 塗料変更します [#9 [うらら]]

 画像クリックにて拡大表示されます

a1.JPGa2.JPG    シェパード「アルダ」塗装中です


    油絵の具が乾きが遅いのでラッカー系
    塗料に変更しました

    それにしても塗るのは難しいです



a3.JPGa4.JPG    犬種は沢山あろうかと思いますが 中
    でもシェパードは塗るのが難しい犬種
    ではないでしょうか?

    ダルメシアンとかの方が難しそうですが
    逆に簡単だと思えます





a5.JPG    顔の塗装中


    「人形は顔が命です」とは どっかで聞いた事がありますが 犬の顔は
    色彩と毛の流れを表現しなければならないので難しいです

    「アルダ」は「エル」よりも黒っぽいように見えますのでそのようにして
    みます
    で、「目」はどうしよう・・・


e1.JPG    「エル」も塗ってます


    腹に黒い毛が多いようなのでそれらしくしています
    親子とはいえ 柄が違うんですねぇ



e2.JPG    「エル」の顔も塗っています

    下塗りして色を乗せていきますが こっちも難しいです

    あー難しい

    やはり問題は「目」の表現ですね




s1.JPG      ちなみに・・・


      これは世界的モデラーが塗ったシェパードです

      おそらくパテで1から造型して作ったのでしょう

      当たり前ですが上手いですな



コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 製作記 Vol.64 油絵の具のアホ~ [#9 [うらら]]

 マウスオーバーで指マークが出る画像は画像クリックで拡大表示されます

 今回からシェパードの塗装に入ります。
 作業に熱中していた為に作業工程を撮るのを忘れてましたぁ~(^_^;)

 目止めにサーフェイサーを塗った後にラッカー系塗料のツヤありホワイトを下塗りして油絵の具で塗装
 するのですが色々な問題が発生しました。

 まず、ツヤありホワイトは塗装面がツルツルなので油絵の具が思うように乗りません。
 これはツヤなし塗料の方が塗装面が多少ざらついているのでコントロールし易かったでしょう。
 又、塗装に油絵の具を使っているのですが夏でありながら「全く乾きません」
 ラッカー系やアクリル系塗料なら すぐ乾いて次の色を乗せる事が出来るのですが2日経ってもベタベタ
 として次の色を塗れません_| ̄|○
 油絵の具は乾燥が遅いとは知っていましたが まさかこんなに遅いとは・・・
 ドライヤーでも乾燥の促進にはならないようなので時間にまかせるしかありません。

 現状です

230.JPG231.JPG   シェパード「エル」


   ベース色を塗って乾燥待ちですが 乾かな
   いと次の工程に移れません



232.JPG233.JPG    シェパード「アルダ」


    茶色の部分を見てもらえば分かるのですがツヤ
    あり塗料の上には油絵の具は乗りにくいです

    全てをラッカー系塗料で行った方が良かったかも
    しれません



 犬は夏毛と冬毛で全く雰囲気が違っていますし なにぶんにも「本犬」?を見た事が無いので 資料で頂い
 た画像だけでは「エル」と「アルダ」の明確な差が表現出来ないだろうと思います。
 でも頂いた画像を元に頑張ってイメージで塗ってみます。
 「アルダ」は大きさが「エル」より少し小さいので大人になる前をイメージしています。
 ある意味「親子」である事が表現出来て結果オーライでした。
 
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニチュア作品 「うらら」 製作記 Vol.63 人物完成 [#9 [うらら]]

 マウスオーバーで指マークが出る画像は画像クリックで拡大表示されます

214.JPG215.JPG    最終調整

    頭部、胴体、手足の素材が違う為にチグハグな
    色調でしたが油絵の具で統一しました

    木目を活かしてね!





216.JPG    人物の大きさ比較



    別に「コブラツイスト」をかけてるワケじゃござーません(^_^;)

    概ね良好ではないでしょうか?



217.JPG

    こんな感じ


218.JPG    オールキャスト



    この作品は2カ所でストーリーが展開します

    あ! 



220.JPG    雀の「桃」嬢を配置しなくては!



    小さいので長期制作には紛失の危険がありました
    私はよく小さなパーツを無くすのです・・・




221.JPG    ここへ


    依頼者さんのリクエストにお答え致しまして「アルダ」の頭に
    留まらせます

    予定通りの角度がついて良いと思います

    桃さんは作品の良いアイキャッチになりますね~


 さぁ!いよいよ最終工程のシェパード塗装に入ります。
 でも、これが最難関の予感・・・



 雀の「桃」嬢が8歳で逝ってしまったという連絡を受けました。
 まさか作品を1年以上も制作している事になるとは思わなかったので もっと早く作業をしていれば・・・と
 後悔しています。
 桃嬢には天国で大空を自由に飛びまわってくれるのを祈るばかりです。
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - #9 [うらら] ブログトップ