So-net無料ブログ作成
検索選択
ストランド ミニビースト ブログトップ

直列二気筒 [ストランド ミニビースト]

 前回の記事のミニビーストを直列に繋げました。

   smmd.JPG
                 この角度からだと迫力がある

         風見プロペラ
             風の方向を調べるのは余ったプロペラで・・・

 折角だから動画でど~ぞ。


 直列化の所要時間は5分です。
 動きがすこぶる鈍くなるかと思いきや、かなりスムーズでした。
 上の動画では後半で風が強くなっているのでこっちに早く来てしまい焦ってます。
                                           (^_^;)

 う~ん・・・
 骨をイッパイつけてオリジナルに改造したい・・・。
 でも、それをやると置く場所が・・・。
 

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニビーストと海へ [ストランド ミニビースト]

 テオ・ヤンセンのようにビーストを持って海へ行きました。

 



 おわかりの通りミニビーストがもう一つ増えました。テヘ。[揺れるハート]
 この動画の為にわざわざYouTubeのアカウントを取得するはめに。

 アマゾンで発注したら翌日に配達されるという驚異のスピード対応。マッハ。
 本当は全部で4つ欲しいけど総額14000円になるので諦めた。
 学研さんは一冊でも買った人には付録だけバラ売りしてちょうだいな。
 正直、同じ本が2冊あるのは無駄ですよ。

 スヘフェニンゲン(オランダ)の海辺まで行けないのでベイサイドビーチ坂へ。
 ここはいつの間にか やたらと施設が長く伸びた。
 ミニビーストと遊んでいると散歩している人が遠巻きにこっち見ながら苦笑してた。
 おお、存分に笑っとくんなまし。

 風ってのは待っているとなかなか吹かないもんだなぁ。
 動かないこいつらを前に浜辺にポツンと座っていると傍から見たら「あの人、きっと気
 を病んでるんだね」って思われるだろう。
 半分正解。
 
 ミニビーストが二匹(?)居るという事は当然あれをやりました。
 それは次回にて。
 
 追記
 ミニビーストの付録のパッケージを見たら「Animaris Ordis Parvus」と明記され
 てました。 ミニビーストはこれが正式名称ですね。
 翻訳サイトを使ってみるとテオ・ヤンセン氏はオランダ人なのでオランダ語と思いき
 や ラテン語がヒットして直訳ではそれぞれ「これに触発 順序 小」となりました。
 ミニビーストなので「小」は分かるけど・・・。
 謎だ。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テオ・ヤンセンのミニビースト [ストランド ミニビースト]

 この間、東急ハンズで面白いものを見た。

 その時は荷物が増えるので買わなかったが後々になって凄く欲しくなったので
 近隣の本屋をかなり探しまわって買った。
 なんだってそうだが いざ買おうとすると何処にも売っていないのは何故?
 見かけた時に買わないと後悔する事って多いよね。
 結局は書店でなく雑貨店で発見した。

 欲しかったそれは何かと言いますと・・・

s1.JPG これ

 大人の科学Vol.30
 テオ・ヤンセンのミニビースト

 という本(というか付録がメインか)


 正直3500円はちょっと高いとは思うが心底欲しい物は買う!

 ところで、テオ・ヤンセン氏を知らない人が多いと思うのでWiki
 彼の作った作品はテレビで見かけた事がある人もいるだろう。




 私はこのようなワケの分からない複雑なものが大好物なので問答無用で欲しい
 のだ。
 氏の作ったストランドビーストは何種類もいる。(ヤンセン氏のHP
 彼の概念ではビーストは作品ではなく「生き物」とされているのがグッときます。
 オランダでは芸術家は国が援助なり保護をしてくれるらしい。
 日本もツマラン事に税金をつっこまずに芸術家の資金面や生活の支援をすれば
 いいのだ。
 日本には報われない芸術家はイッパイいる。
 歌舞伎とかに回っている銭を他の芸術家にも回してやっとくれ。

s2.JPG これがパーツ


 殆ど同じ作業の繰り返しで出来る



s3.JPG 作るのは殆どが脚ばかり

 
 ちょっと飽きる作業だ


s4.JPG 同じモノを二組作る

 で、合体!

 いとも簡単に出来る

 本には1.5時間で出来ると書いてあるが、こういう事に慣れている私は30分程
 度で完成した。

s5.JPG 
 ミニビーストの動力は「風」

 テオ・ヤンセン曰くビーストは「風を食べる」



s6.JPG 
 やや!本当に動く!(当たり前)


 オモロイ!



 動きが硬いので一度バラしてラジコン用シリコングリスでグリスアップする。
 一度塗った後で拭き取らないと前よりも動きが渋くなるので注意。
 このミニビーストは可動軸が多くフリクションロスがかなり多いので こういう地味な
 作業は結構重要なのです。
 モデラーな私は無駄とは知りながら更にパーツのパーティングラインも消した。

 さあ!完成したらテオ・ヤンセン氏のように海へミニビーストを放つのだ~!

  

続きを読む


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ストランド ミニビースト ブログトップ